ドラゴン

 鶴の基本形より。

P1030984_convert_20121229170839.jpg

 大きさこれ位がちょうどいいね。いちいち画像縮小するのは面倒だけどな。

 さて、折り紙創作する人なら誰もが試したことあるんじゃないだろうか。いわゆる鶴ドラゴン。構造的にはエンシェントドラゴンがその特徴を説明するのによく挙げられる。鶴の基本形の四つのカドを~な空想動物を折る際の常套手段とされているのだが、鶴から正直に折っていくと翼・頭・尻尾・四肢が同じ場所から生えてくるので、仕上げ(特に下半身)の段階に入ると結局構造が崩壊していくという。
 
 表裏の色違いを無視して後足の位置を紙のフチまでずらしたおかげで何とか形になってくれたが、こんな可愛らしいものを作ろうと思っていたわけではないし、拡張して爪とか角とか盛っていく趣味も無いので、今のところ「空想動物の基本形の作例」みたいなポジションを占めている。

 はい作例。

P1030990_convert_20121229174249.jpg
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

楓

Author:楓
試作のゴミ、雑記など書いていきます

リンクはご自由にどおぞ

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR