しろいこな

CMCはもともと釉薬に使われているらしいので正しい扱い方がさっぱり分からん。
私がいつも行う手順は

1 ガラス瓶にお湯を入れる
2 スプーンでCMCを入れかき混ぜる
3 溶けるまで放置

なぜお湯なのかというと、そのほうが何となくよく溶けそうだから。水と粉の割合は量っていない。最適な値を研究して然るべきなんだけど、いつも大体風邪引いた時の鼻水くらいを目安にしている。問題はどう溶かすかだが、きっとお湯も水も大差ない。それとも元来長時間放置するのが普通なんだろうか。やっぱり他の芸術作品から学ばなきゃいけないことが多いな。

というのをさっきカラペの裏打ちに失敗して思った。
スポンサーサイト

コメント

No title

CMC、たぶん毎日食べてると思うよ。
http://daijiten.radishbo-ya.co.jp/outline/324.html

濃度に関しては神谷赤本に書いてあった「水300ccにCMC5g」ってのを参考にして最近は1.5~2%でやってる。ただ紙の厚さや種類によって濃度をどう調整すべきかは分かんないね。

一番最初にMC買ったサイト(http://www.paret.jp/catalog/index.php?e=21)によると、冷水の蒸留水がいいらしい。でも常温の水道水でも違いは感じなかった。

Re: No title

先ほど粉末を口にしてみましたがあまり美味しくなかったです。
非公開コメント

プロフィール

楓

Author:楓
試作のゴミ、雑記など書いていきます

リンクはご自由にどおぞ

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR